「大衆演劇の革命児」近江飛龍 文・山根演芸社社長 山根 大

21970

 飛龍は「蒲田行進曲」を舞台に掛けたことがある。

 朝日劇場で、2日連続公演だった。

 ご存知の通り「蒲田」はつかこうへい最大の当たり狂言で、深作欣二の映画化も名作として知られる。見せ場は新選組の池田屋襲撃を劇中劇にした「階段落ち」だ。

 大部屋役者の主人公が、立ち回りの最後に階段を後ろ向きに落ちる。

 色んな劇団がこの芝居を上演し、色んな役者が主人公「やっさん」を演じた。そして「階段落ち」をするのだが、言うまでもなく、それは巧みに演出されるか、スタントマンを使うなどの方法を取って、主人公を演じる役者が危険な目に遭うことは避けられている。それはそうだ。事故が起これば公演が出来なくなる。チケットを売っての舞台は商行為だから、それだけは許されない。

 飛龍は朝日の舞台に長い階段を組んだ。

 そして自分で落ちるのだと言う。

 私は楽屋で言った。4回公演がある、怪我したらどうするつもりか?当然公演の可否など二の次で、飛龍の身体が心配なのだ。

 それに対する答。

 「大丈夫、うまく落ちるから」

 いや、そういう問題ではないのだが…。

 結果、この公演は大きく当たったし、評判を取ったと思う。

 幸い事故もなかった。

 ただ、私は思わざるを得なかった。

 2,000円に満たない入場料でお客様に生きるか死ぬかのもの観て戴く。そして、それはマスコミによって光を当てられることもなく、日常の何処かにかき消えてしまう…。

 旅芝居とはそういうものであり、飛龍はそれに恥じない生き方をしているのだ、と。

 しばらく後に、東京の十条篠原演芸場に飛龍の楽屋を訪ねたとき、十条の花道の幅一杯に、下手二階の窓のところから階段が設えられているのを見た。

 「マブニの月」

 という新作のための舞台装置だった。

 「お前、また落ちるつもりやないんやろうな?」と問う私に飛龍は答えた。

 「それしか思いつかんかった」

 これが、近江飛龍という役者である。

関連記事